ガラスに傷が付いたら交換?それとも傷消し?

IMG_3606
ガラスの傷消しって知ってますか?

自分もこの仕事を始めるまではガラスの傷に興味無かったし

傷が消せるなんて考えたことも無かったです。

そもそもガラスに傷ってつくのかな?って思いますよね。

それが結構傷付くんです。



ガラスって透明なものなのでその先の景色を見ることはあっても

ガラスをジーッと見ること無いですよね。

IMG_3609
よくあるお問い合わせが、ガラスのウォータースポットを除去しようとして

ダイヤモンドパットやスクレーパーで傷を付けてしまったというもの。

ダイヤモンドパットやスクレーパー自体はとても便利な道具ですが

使い方等を間違えるとあっという間にガラスが傷だらけになってしまいます。

また最近では、フィルムを貼る際にカッターでガラスに傷を付けてしまったなんてこともあります。

そんなガラスの傷ですが、交換出来るガラスは交換した方が良いと思います。

何故ならガラスの傷消しはかなりリスクがありガラスを割ってしまうこともあるからです。



しかし、世の中には交換出来ないガラスや交換すると高価なガラス

交換する時間がないなど、交換と云う選択肢がないこともあります。

IMG_3755

そんな時はガラスの傷消しをオススメします。

ガラスの傷消しはガラスの傷の深さまでガラスを削ることによりガラスの傷を消していく。



ガラスの傷の深さや範囲によって機材や材料を変えて1番ベストな物を使用

この選択肢を間違えると傷が消えないどころかガラスが割れてしまいます。


GRS静岡三島Station Bell-Hillでは「交換は最後の手段」を合言葉にゴミを少しでも出さない考えを

Ecology RenewalSystemで技術にして提供しています。


Renewal (再生)
Renovation(付加価値)
Reuse(再利用)

再生して新品にはない機能、付加価値を付けて再利用する。

ガラスの水垢除去・傷消し・酸焼け。アクリル再生。御影石再生。床の滑り止め、、、etc.

お問い合わせはお気軽にご連絡ください!

三島、沼津、長泉、御殿場、修善寺、、静岡東部はもちろん、全国各地対応可能。

GRS静岡三島station Bell-Hill

HP: http://grs-mishima.com

E- mail: grs.mishima@bell-hill.com