油膜・水垢で見えない。雨の日のフロントガラス

フロントガラスの油膜・水垢って中々取れないんですよね




晴れてる時は水垢が白く浮き出て


雨が降ると油膜で前が見えない、、、。


ワイパーを高速にするも視界は変わらず、虚しく左右に動くだけ、、、。




視界が悪いと眼も疲れるし


なんといっても安全運転に支障が出ます。


なるべく早めに除去したいですね。




IMG_0774



~油膜とウォータースポットの違い~


油膜の主成分はシリコンです。


雨などの水分と排気ガスなどからくる


油分がガラスに付着したもの




しっかりと下地を作らないで施工した


撥水コーティング剤が後々、


油膜の一因になることもあります。




油膜が酷くなるとワイパーの動きが悪くなり更なる視界不良に


対して水垢とは


雨などの水分に含まれるミネラル・金属成分等が


ガラス面と科学変化を起こしたもの。




そのため、


水垢はゴシゴシ擦っただけでは取れません


この状態を放置していると


水垢に水分・汚れがたまりやすくなり


どんどん水垢が進行していきます




そう、最早抜け出せない水垢地獄です。


最悪、水垢がガラスを侵食することも、、、





~雨の日も気にならないフロントガラスにするには~

IMG_0778




普段からガラスに水分が残らないように


気を付けましょう。


といっても外を走る自動車、どうやって気を付けるのか


手っ取り早くて効果的なのはコーティングですね




ガラスが水分・油分と接触するのを


物理的に防ぐことで


油膜・水垢のが発生しにくくなります。




しかし、ただコーティングしただけでは


先ほども述べたようにゆくゆくは


油膜の原因になりかねません




フロントガラスの油膜・水垢を除去し、


下地をしっかり作ってコーティングをして


水分・油分をガラスに残さないことが大事です

GRSでは「交換は最後の手段」を合言葉にゴミを少しでも出さない考えを

Ecology RenewalSystemで技術にして提供しています。

Renewal
Renovation
Reuse

再生して新品にはない機能、付加価値を付けて再利用する。

ガラスの鱗状痕・ウロコ汚れ・ウォータースポット・水垢除去

ガラスの傷消し・酸焼け現状回復。

アクリル傷消し。きばみ除去。

御影石再生。

防滑(床の滑り止め)。

遮熱コーティング、、etc.

お問い合わせはお気軽にご連絡ください!

三島、沼津、長泉、富士、富士宮、御殿場、修善寺

函南、伊豆長岡、西伊豆、、、静岡県内はもちろん、全国各地対応可能。



Bell-Hill GRS静岡三島station 

HP: http://grs-mishima.com

E- mail: grs.mishima@bell-hill.com