車のフロントガラス!油膜とウロコ汚れの原因はここにあり!!

ガラスの傷消し、酸焼け現状回復

水垢・ウロコ汚れ除去からコーティングまで

静岡でガラスの悩みを一発解決

Bell-Hill 鈴岡茂人です






油膜とウロコ汚れの前に

いきなりですが今年は台風フィーバーですね

なんでも5日連続で台風が発生したのは史上初とか





毎年、異常気象が更新されているイメージがあるのは

自分だけでしょうか?





そして今は9個目の台風21号が日本に上陸しようと

ぐんぐん北上しています





しかも瞬間最大風速が70メートルと予想されているそうで

こないだの台風で風速40メートルを記録して





風車が倒れたりマンションの屋根が飛んだりしていたのに

70メートルは想像つきませんね






台風の時は極力外出しないのが望ましいのですが

そうも言ってられないのが現実です





台風の中、車で走行するときの注意点がいくつかあります





これは自分が前職の某大手警備会社に勤務していた時に

台風で視界ゼロのなか車をすっ飛ばし





大雨で冠水していたら目測で突っ込んでいき

落雷があれば夜中にひとりでゴルフ場に行ったときに身に付いた





危険回避のノウハウです



台風や大雨時の、車の走行注意点


ヘッドライト点灯の大きな目的は

後続車両に自分の存在を知らせるためです






台風最接近のときはとにかく視界不良です

それは他の車両も同じなのでとにかく自分の位置を知らせて





追突事故に巻き込まれないようにしましょう

また点灯すれば前方の車も認識しやすいです


台風が来ると道路に予想外のものが落ちています

鉢植えや工事の看板なんかはしょっちゅうで






なかには木やバス停が倒れていたりします

知らない道は慎重に走行しますが






知っている道は安心感から気が抜けがち

台風の中立ち往生は危険ですので道路をよく見ましょう



台風のさなかにバッテリーアウトやガス欠になったら

これまた災厄です






また、ワイパーゴムが切れていたら走行に支障がでます

あらかじめ分かっている不安要素は取り除きましょう


最も注意しなければならないのはガラスの油膜!!

ここにきてようやく本題ですが【台風や大雨時の、車の走行注意点】

の1~2は視界に関することでした






つまり、良好な視界確保が大事です

たかが油膜されど油膜そしてウロコ汚れ





油膜やウロコ汚れが酷くなるとちょっとした雨でも

まったく前が見えなくなります











ただでさえストレスの多い台風、大雨時の走行では

ストレスを少なくすることが安全運転のカギ







IMG_7366

先日フロントガラスの再生研磨した【ダイハツ コンテ】

ボディコーティングをDIYでやった際に





コーティング液の付着したウエスでそのまま

ガラスを吹き上げたそうです






ボディコーティングやワックスがガラスに付着して

油膜になるケースが非常に多いです






付着したては水を弾くので、ガラス撥水コート剤の代わりに

なるかもしれませんが、劣化したコーティング剤に排ガスや





それに含まれる油分が付着して油膜になるのです

有名なガラス用撥水コート剤ですら油膜になるんですから





フロントガラスに何かを塗るときは慎重に塗りましょう


IMG_4374

ウロコ汚れと言うとピンとこない方もいるかもしれませんが

【水垢】とか【ウォータースポット】と呼ばれることもあります





ウロコ汚れの発生のメカニズムは

ガラスの成分と水の成分が化学反応を起こしたものなので





極力ガラスを水に触れさせないのがベスト

なんですが、、、、自動車のガラスを水に付けないなんて





100%無理ですね

なので




もう一つのウロコ汚れ発生のメカニズム

水濡れと乾燥に注目しましょう





ガラスに付いた水滴が乾燥すると

水に含まれている成分がガラスに残留します





すると、その部分に水滴が留まりやすくなり

水の成分が凝縮されてガラスと反応します





なので、洗車の後や雨の次の日は

なるべく水滴をキレイなウエスで拭きあげましょう






IMG_7456

車両整備の際にはガラスの油膜とウロコ汚れも確認してください

油膜や水垢を気にするのがめんどくさい





そんな方はガラスプロテクトコーティングをおススメします

ガラスプロテクトコーティングはガラス表面を改質し





ガラスを「汚れにくくて、汚れても落としやすい」状態にします

イージーメンテナンスでその状態を長く続けることができるので





気になる方はお気軽にお問合せ下さい

温泉ウロコ汚れ・水垢を落とす技術を持つ

GRS(Glass Renewal Service)はあなたの愛車をあの頃の輝きに戻します




GRSでは「交換は最後の手段」を合言葉にゴミを少しでも出さない考えを

Ecology RenewalSystemで技術にして提供しています。

Renewal
Renovation
Reuse

再生して新品にはない機能、付加価値を付けて再利用する。

ガラスの鱗状痕・ウロコ汚れ・ウォータースポット・水垢除去

ガラスの傷消し・酸焼け現状回復。

アクリル傷消し。きばみ除去。

御影石再生。

防滑(床の滑り止め)。

遮熱コーティング、、etc.

お問い合わせはお気軽にご連絡ください!

三島、沼津、長泉、裾野、富士、富士宮、御殿場、修善寺

函南、伊豆長岡、西伊豆、熱海、土肥、、、

静岡県内はもちろん、全国各地対応可能。



Bell-Hill GRS静岡三島station 

HP: http://grs-mishima.com

E- mail: grs.mishima@bell-hill.com