動物園・水族館

MG_3834
動物園・水族館で多いお悩み

第1位 動物がアクリル水槽につけた傷を消したい
第2位 動物がガラス水槽につけた傷を消したい
第3位 水垢・喫水ラインの汚れを落としたい

GRSからのご提案

こんなことでお困りではありませんか?
1.動物がつけた水槽の傷
ガラスやアクリルの水槽が傷で乱反射したり、白く曇っていると来場者が目当てにしている動物が良く見えないケースがあります。

➤ガラス・アクリルを研磨することで傷を取り除き、クリアな視界を取り戻すことで動物の存在感もアップし、顧客満足度のアップします。

クリアにした後は・・・

傷防止のプロテクションフィルムで自己修復機能を付けることが出来ます。

水族館のアクリル水槽リニューアル

動物園・水族館の水槽にはアクリルやガラスが使用されていますが、動物たちが鋭い牙や爪で傷がついたりしています。深い傷も研磨(素材を削ること)で透明な状態に戻すことができます。さらに、プロテクションフィルムを貼ることでアクリルやガラスに傷防止機能(自己修復)をつけることができます。

その他の素材もリニューアルからリノベーションまでワンストップでご提案いたします。
scroll-to-top